前へ
次へ

これから法律を学ぼうとする人たちへ

日本で法律を学ぼうとする場合、多くの人が大学進学を絵選ぶでしょう。
学部はもちろん法学部が中心になるはずです。
では具体的にどういった流れで法律を学ぶのでしょうか。
今回は一例をご紹介します。
まず多くの大学が採用しているように、民法や憲法といった法律そのものの枠組みを捉えるといった講義を行います。
この段階では様々な国の法律なども引用しながら「法とは何か」を考えます。
次のステップではもう少し込み入った法律が出てきます。
この辺りで学生それぞれに自分のやりたい分野が出てきます。
そのままその分野を学ぶ人もいれば公務員試験対策などで広く学ぶという学生もいます。
またこのような講義の中で忘れてはならないのが「ディベート」です。
お互いに意見を主張し問題の落としどころを見出すというのが狙いですが当然それには相当の知識が必要とされます。
豊富な知識とそれを上手く活用できるかどうかが法律家にとってはとても大切なのです。

30歳以上の方でも勇気を持って一歩踏み出してください
若くないからといって諦めたらだめです

電線ドラム
大きくなるほど高く買取させていただきます

機器の設計・制作会社「オーテック」

短期間で橋梁等の傷んだ部分の補修ができる会社
部分補修が可能なカメレオン工法を使用して工事をするので、短期間かつ低コストで傷んだコンクリートの部分を修復できます。

自動検査機製造ならオーテックメカニカル

Page Top